学校や通勤中も安心!自分に合ったワキガ対策商品を探そう! > ワキガの予防と治療 > ワキガ対策をする前に自覚が必要?子供には親のアドバイス
9月 14, 2016

ワキガ対策をする前に自覚が必要?子供には親のアドバイス

Written by

わきがは自分が気が付かないことも多いです。
たいてい子供の時からわきがであることが多いのですが、これは遺伝によるものが関係しています。

脇の汗に臭いがある時がついた時、両親のどちらかがわきがである場合、子供もわきがの可能性が大きいです。
この時、臭いがわきがなのか、そうではないのかを確認することが必要です。

めったにないことですが、友達や周りにいる人たちが全員わきがである場合、これが汗をかいた時の臭いだと思い込むと、脇汗かいたときは当たり前と思ってしまいます。
しかし、わきがではないか?と疑われるときには、家族などときちんと相談をして、自分がそうであるかを知る必要はあります。

それはなぜか?というと、日本人は比較的臭いに敏感です。
それは子供の世界でも同じことで、臭いがあることでいじめられたり、消極的になったりしまうことが考えられます。
中高生になるとデオドラント剤や制汗剤で自分で対処できるようになりますが、幼児や小学生などの場合は、親が気をつけてあげることも必要でしょう。

子供の治療などは専門家に相談をしたり、使用できる商品を探してみましょう。
病気ではなく体質であるから仕方ないということをきちんと話して、こうしたに汗臭も少なくなっていくこと、エチケットについて話しておくことも必要です。

大人であっても、わきがである場合、エチケットとデオドラントは、気をつけてあげるべきことです。
汗脇パッドやミョウバン水などでわきがであることをバレずに生活ができる術はいろいろとあります。

Copyright © 2015-2017 学校や通勤中も安心!自分に合ったワキガ対策商品を探そう!, All Rights Reserved.